Entrepreneurship/Management

GRIT:「どういう能力を持つ人が成功できるのか?」GRIT・成長思考が大事





先日友人と話をしていた際に、心理学者且つ教師のAngela Lee DuckworthさんのTED動画「Grit」が話題に。

Gritとは「やり抜く力、やる気、根性。長期的目標に向けた情熱や忍耐力やスタミナがあること。」を表す言葉となり、

Angela氏いわく、教師として様々な生徒と向き合っている中で、

「最も成績の良い生徒と悪い生徒の違いは何か?」に関して検証・研究したところ、

IQでもなく、社会的知性・身体的健康・ルックスでもなく、

違いは「Grit/やりぬく力」だったとのこと。

約6分の動画なので、まずは視聴するのが早くてオススメ、ですがGrit動画の要約は以下のとおり。

IQ等ではなくて、「長期にハマって没頭する力」が最も大事、というのは非常に共感!

<Grit講演 要約>

  • Angela氏は数年の間、ニューヨークの公立中学校で数学を教えている中、優等生と劣等生の違いは何か?について考察したところ、成績がとてもよかった生徒はそれほど高いIQをもっていない場合があり、反対に、頭がすごくよくても成績の良くない子もいました
  • 教師を辞めて、大学院で心理学者になった後、様々な挑戦的な環境に置かれた子供、大人について研究を開始。研究サンプルは陸軍士官学校の候補生、学校の生徒、民間企業の販売員等が対象。どの研究でも「誰が成功して、なぜ成功したか?」を考察
  • 研究の結果、成功の要因に一つの特徴が大きく関わっていました。それはIQでも、社会的知性でも、身体的健康でも、ルックスでもなく、「やりぬく力、Grit」
  • Gritとは「長期的目標に向けた情熱や忍耐力、スタミナがあること」を示し、その週だけとか、その月だけではなく、何年もの間、諦めずに一生懸命に取り組んでその夢を実現すること、となります。短距離走ではなく、マラソンを走るようにいきること。
  • 一方、最もショックだったのは「Gritを育てるにはどうしたらよいのか?どう学習意欲や長い間モチベーションを保って高めるのか?」にはみんなほとんど知らないこと。Angela氏も、どうやってGritを高めるのか?は正直わからない、一番よいと言われているのは「成長思考」をもつこと。また、わかっているのは才能とやり抜く力は異なり、才能があっても最後まで決めたことをやり抜けない人たちが沢山いること。
  • そして、子供たちのGrit・やり抜く力を高めるためには、「私たち自身がやり抜かないといけない」、これが大事




関連記事

  1. Entrepreneurship/Management

    「起業家と経営者の違い」とは何か?新規事業開拓者

    出張中の飛行機の中で、“起業家”と”経営者”の違いは何…

  2. Entrepreneurship/Management

    自分の時間を生きているか?「99%の会社はいらない」実行が全て。

    新年あけましておめでとう御座います。2018年は「リスタート&新たなチ…

  3. Entrepreneurship/Management

    藤田晋の「渋谷ではたらく社長の告白」に感動!起業のすすめ。

    海外に行く飛行機の中でサイバーエージェント社長/藤田晋(ふじた すすむ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP